副業20万円以下で確定申告は不要でも「市・県民税の申告は必要」なので注意しよう

どうも、TOMOZO(@TOMOZO)です。

本記事を読んで欲しい方
・給与所得があって会社で年末調整済み
・副業で所得がある
・自分が確定申告の対象なのか不安

毎年2月になるとそわそわしてくる。そう確定申告の時期です。
僕の場合は趣味でブログを運用していますが、AdsenseやAmazonの広告収入が少なからずあります。

収入があると必要と言われるのが確定申告です。

しかし、よく「副業の所得が20万以下の場合は確定申告は不要」と言われますが、これを鵜呑みにしてはいけません。メディアはこの部分だけを切り取って、正確な情報を伝えません。正確には、

「給与所得以外の所得が20万以下の場合、所得税の確定申告は不要だが、市・県民税での申告は必要」

なので注意しましょう。
僕もこれ勘違いしていてブログ仲間に教えてもらい気が付きました。
たかが20万かもしれませんが、申告漏れは立派な脱税です!

本気記事では税の詳しいところまでは述べませんので、分からないことは国税庁や市のHPを確認しましょう。

「所得税の申告」と「市・県民税の申告」は別である

まあ当たり前のことなのかもしれませんが、会社員だと年末調整で会社がいい感じに処理してくれるため、ぶっちゃけ税のことなんて知らなくても良いんですよね。
しかし、副業を営む者として最低限のことは知っておくべきです。

そもそも所得があった場合、

  • 所得税の申告
  • 市・県民税の申告

が必要です。

年末調整は「所得税の申告」を会社が変わりに行ってくれるのですが、申告の内容は市にも通知され、勝手に「市・県民税の申告」も行われているのです。

なので、給与所得以外の所得があると、その分に関しては個人で申告する必要があります。

給与所得以外の所得が20万を超える場合は確定申告が必要

給与所得以外で20万円を超える所得があれば、所得税の申告(確定申告)が必要です。
確定申告をすることでその内容は市にも通知されるため、市・県民税の申告は不要です。

給与所得以外の所得が20万以下の場合は確定申告は不要だけど、【市・県民税の申告は必要】

給与所得以外の所得が20万以下の場合は確定申告は不要ですが、あくまでも「所得税の申告が不要」なだけです。

市・県民税の申告は必要です。

これは金沢市の「市・県民税の申告について」のHPです。

しっかりと「給与所得以外の所得が20万円以下の場合、所得税の確定申告は必要ありませんが、市・県民税では、これらの所得も給与所得と合わせて申告が必要になります。」
と記載がありますね。

みなさん、申告漏れが無いようにしっかりと税金を納めましょう。

スポンサーリンク