「バランスが良い1台」AQUOS sense Plus最速レビュー(HUAWEI P9 liteから乗り換え)

Google Nexus5、HUAWEI P9 liteと続くSIMフリー端末「AQUOS sense Plus」を購入しました。

HUAWEI P20 liteにしようかとも悩んでいて、コストパフォーマンス的には断然HUAWEI P20 liteなんですが、世の中の流れもあって初めての国内メーカーSIMフリー端末を選択しました(笑)

さっそくファーフトインプレッション書いてきます。
(おもにHUAWEI P9 liteとの比較となりますのでよろしくです)

スポンサーリンク

スペックの比較

まずは単純なスペックを比較します。

HUAWEI P9 lite AQUOS sense Plus
サイズ 約146.8×72.6×7.5mm 約151×71×8.9mm
重さ 約147g 約147g
OS Android 7.0 Android 8.0
CPU HUAWEI Kirin650 オクタコア (4×2 GHz + 4×1.7 GHz) Qualcomm Snapdragon 630(SDM630)
2.2GHz(クアッドコア)+1.8GHz(クアッドコア) オクタコア
内臓メモリ RAM:2GB/ROM:16GB RAM:3GB/ROM:32GB
バッテリー 3,000mAh 3,100mAh
カメラ メインカメラ: 1300万画素
インカメラ: 800万画素
メインカメラ: 1640万画素
インカメラ: 800万画素
ディスプレイ 5.2インチ, FHD(1920×1080ドット) 約5.5インチ, IGZO(2160×1080ドット)

スペック面ではそこまで大きな違いはありません。
細かい機能面の違いは後程。

価格

HUAWEI P9 liteが3.2万円。AQUOS sense PlusがIIJmioからの購入で3.5万円+キャッシュバックです。

HUAWEI P9 liteが2年以上前の機種でスペック面でそこまで違いがないにも関わらず安いという事実・・・。

これではシェアがHUAWEIに持ってかれるのも分からんでもないです。

ファーストインプレッション

HUAWEI P9 liteの感想はコチラ。

【HUAWEI P9 lite】「コスパ良い!」MVNO運用に最適な1台です

2016.08.06

手に持った感じ、ちょうどいい

サイスの比較はこんな感じ、表示領域が若干大きいのが分かりますね。

左:HUAWEI P9 lite/右:AQUOS sense Plus

持った感じに違いはなく機種変更したことへの違和感は感じない。

女性の方だと、ちょっと大きいのかな?

指紋センサーは前面に搭載、反応もぼちぼち良い

AQUOS sense Plusには指紋センサーが搭載されています、HUAWEI P9 liteの場合、センサーが背面にあったのに対し、AQUOS sense Plusは前面にあります。
親指で認証させるイメージです。

HUAWEI P9 liteのセンサーの反応は悪くなかったです。

【HUAWEI P9 lite】指紋認証が快適すぎる!!

2016.08.29

AQUOS sense Plusの指紋センサーの反応も良く今のところストレスはないです。

ホーム、戻る、履歴のキーを指紋センサーで代用できる(けど使えない)

拡張機能として、ホーム/戻る/履歴のナビゲーションキーを指紋センサーに代用させることができます。
どういうことかというと、

  • ホームキー:指紋センサーをタップする
  • 戻るキー:指紋センサーを左から右へとなぞる
  • 履歴キー:指紋センサーを右から左へとなぞる

てな感じで、ナビゲーションキーを非表示とすることで液晶エリアを広く見せようというもの。

これについては、慣れの問題だろうけど、使えない。直感的でないし、なぞる操作がたまに反応しなくてストレスが溜まる。

RAM:3GB/ROM:32GBは地味に嬉しい

ざっくりとRAMは同時実行できるアプリの数、ROMはインストールできるアプリの数や保存できる写真、ファイルの数に影響してくる。

こちらは最近のミドルクラスのSIMフリー端末としては普通になってきている「RAM:3GB/ROM:32GB」と、普通に使う分には十分な容量となっている。
ROMに関してシステムでおおよそ10GB消費されるので、 実質20GBが自由に使える領域 となってます。

おサイフケータイはやっぱりあると便利だね

HUAWEI P9 liteには無かったおサイフケータイ機能。その他の格安スマホでもおサイフケータイ機能を搭載している端末はあまりない。
(最近だと「PayPay」のようなバーコードタイプの決済も浸透しているので、おサイフケータイに絞る必要はないが)

これについてはやっぱりあると便利だね。僕は「楽天Edy」を登録しました。
小銭持たなくてもいいし、楽天のポイントもたまるので一石二鳥です。

プリインストールされているアプリは最小限で良心的

日本国内メーカーのAndroid端末ってなんかごちゃごちゃしている(余計なアプリがプリインストールされている)イメージだったけど、AQUOS sense Plusはそんなことはなく、Google系、連絡帳やコンテンツ管理といった最小限のアプリに留まっている。

よしよし。

だけど、AI「エモパー」はいらない・・

エモパー(エモーショナル パートナーの略称)は、AQUOSに搭載された人工知能です。

ユーザーの使い方を学習していろいろとアドバイス、話しかけてくれるみたいだけど、使ってません(笑)
あんまり評判良くないみたいだし、スマホが勝手に喋りだすのはちょっと怖い。

幸いなことに 設定しないと動作しない(初期出荷状態では未設定) のでそのまま放置してます。

総じて、バランスが良くMVNOにおすすめな1台

総じて、 「機能面、価格面のバランスが良く、MVNO運用にも適した1台」と言えるでしょう。
ひとまず僕は満足してます!

また気づいたことあれば追記していきまーす。
ではでは。

スポンサーリンク