電気シェーバーってどう選ぶの?Panasonic「ラムダッシュ ES-ST6N」のコスパが良くおすすめ。

どぅもです。

この度、電気シェーバーを買いました。10年以上使っていた National 製の電気シェーバーは調子悪いし、T字カミソリはめんどいし・・。カミソリ負けするし・・。

結論からいうと、購入したのは Panasonic 製のラムダッシュ ES-ST6N ってやつ。ヤマダ電機で 13,000 円。コスパが良く、すごく満足してます。

本記事では、ラムダッシュを選ぶに至った過程や、ES-ST6N の使用感をまとめています。電気シェーバー選びの参考になれば、と思います。

スポンサーリンク

電気シェーバーって何選んだらいいの?

電気シェーバーに関しては何の知識もないので、いろいろ調べてみました。メーカーも種類もたくさんあるようです・・。

3大メーカー

Panasonic、PHILIPS(フィリップス)、BRAUN(ブラウン)が電気シェーバーの主要メーカーらしい。一応、それぞれの特徴をまとめておく。

Braun(ブラウン)

  • ドイツのブランド
  • 往復式を採用
  • 深剃りが得意
  • くせ毛に強い
  • 刃の交換は1年が目安

パワフルでヒゲが濃い人におすすめらしい。カミソリ負けしやすい、肌が弱い人には向かない。

PHILIPS(フィリップス)

  • オランダのブランド
  • 回転式を採用
  • (往復式に比べると) 深剃りは苦手
  • 刃の交換は2年が目安

カミソリ負けしやすい、ヒゲもそんなに濃くはなく、肌が弱い人には向く。

Panasonic

  • 日本のブランド
  • 往復式を採用
  • バランスが良い(深剃りもOKで、肌にもやさしい)
  • ラムダッシュシリーズはリニアモーターを採用
  • 刃の交換は1年が目安

PHILIPS(フィリップス)、BRAUN(ブラウン)の良いとこどり。何よりも日本人向け。

往復式、回転式の違い

往復式と回転式の違いをまとめておく。

往復式

  • Panasonic、BRAUN が採用している方式
  • 深剃りが得意
  • (回転式に比べ)肌への負担は大きい
  • 早剃りが得意
  • オイル差しが必要

回転式

  • PHILIPS が採用している方式
  • (往復式に比べ)深剃りが苦手
  • (往復式に比べ)肌への負担が小さい
  • 早剃りは苦手
  • オイル差しは不要

シェーバー選びのポイント

ここまで調べて、肌への負担、メンテナンス性、➕αの機能と、価格のバランスってところだろうか。

TOMOZO のポイント

で、TOMOZO のシェーバー選びのポイントは、

・肌にやさしい(いつもカミソリ負けするので)
・お風呂剃りしたい(湯船にゆっくり浸かりながらヒゲ剃りしたい)
・メンテナンスが楽なやつ
・価格は1万円前後

ってところ。

電気屋の店員のアドバイス

電気屋の店員にもアドバイスをもらいましたよ。

・電気シェーバーは使ってみないことには、合う、合わないは分からない
・なので、価格が高いモデルが良いともいえない
・特に回転式の PHILIPS は人を選ぶ
・肌が弱く、ヒゲが薄いなら1枚刃でも良いくらい

総じて、1万円くらいのモデルで試してみるのが、合わなかった時の精神的、金銭的ダメージが少ないとのこと。

これらをふまえたうえで、BRAUN は一番に選択肢からはずれます。回転式を採用している PHILIPS も合わない可能性があるのであきらめます。必然的に Panasonic から選ぶことになりました。
Panasonic の電気シェーバーの中でも、ラムダッシュシリーズが機能面、価格のバランスが良い。グレードは3つ(ES-ST2N,ES-ST6N,ES-ST8N)あって、価格と機能のバランスが良い真ん中のグレード「ES-ST6N」を購入しました。

「ES-ST6N」の使用感、機能紹介など

前置きが長くなりましたが、「ES-ST6N」の使用感や、気に入った機能を紹介しようと思います。

カミソリなみの剃り感

T字カミソリなみに、剃れます。まじでつるっつるです。

早剃りもいける

リニアモーター駆動により、シェーバーを肌にあててもパワーが落ちません。よって剃り時間も短いです。肌への負担も少ないですね。

お風呂剃りもできる

防水仕様ですので、もちろんお風呂ぞりができます。ただし、充電中は電源入らないので気をつけましょう。←感電の恐れがあるので当たり前ですね。

ウォータースルー洗浄

外刃をはずさずに洗浄できます。メンテナンスが楽です。でも、たまには外刃をはずして、内刃の洗浄も必要でしょうね。

密着スイングヘッド

顎ラインの剃りも楽です。この機能は、最下位モデルの「ES-ST2N」にはありません。

総合的にどうなんだ?

1万円前後で、機能面と価格のバランスもよく、正解だったと思う。ただ、いろんな電気シェーバーを試したわけではないので、ベストかと聞かれると、分からない。

迷ったら、日本製ですね。間違いないと思います。

最後に

電気シェーバーを購入するにあたっては、こちらのブログ様の記事を参考にさせていただきました。とてもわかり易くまとめられています。大変、助かりました。

最後に、この記事がみなさんの電気シェーバー選びの参考になれば、と思います。いつかは、PHILIPS を試してみたいなー。

スポンサーリンク