「2年で10万を節約!」通信料節約はガラケー、格安スマホの2台持ちがおすすめ

どうも、TOMOZO(@TOMOZO)です。

僕は、iPhone(Softbank 契約)から、ガラケー(Softbank 契約)&格安スマホ(MVNO 契約)の2台持ちの運用にしたことで、2年で約10万円を節約しました!

追記:現在は2台持ちをやめて、さらに月々の通信料を節約しています。どうしたかというと、こちらの記事からどうぞ。

月々の通信料を更に安くする!2台持ちをやめて「みおふぉん」契約へ。

2017.01.08

当記事は、通信料を節約したいっ!て方にぜひとも見てほしいです!!

おそらく多くの方が、「MVNO」、「SIM フリー」と聞くだけで敬遠するのではないでしょうか?そこは、ちょっとだけ頑張ってみてほしいです。長期的に考えてれば、必ず HAPPY になります!

本記事を読んで欲しい人
● 月々の通信料をなるべく抑えたい
● 現在、キャリア契約でスマホを使っている
● もうすぐ2年契約が終わる
● キャリアのスマホに固執する理由は特にはない
● 電話の使用頻度は高いほう
● キャリアメールは使いたい
スポンサーリンク

2台持ちに決めた経緯

もともと Softbank で iPhone を購入し契約。月々の通信料は 8,000 円前後でした。

ただ、だんだんとiPhone にも飽きてきて、自分自身スマホに求めることが iPhone だとオーバースペックと思い始めて、通信料が割高だなーと思ってきた。

そんなときに MVNO の存在を知り、早速乗り換えたいと思ったのです。

MVNO のデメリットとされる「通話料金が割高になるかもしれない」、「キャリアメールが使えなくなる」の2つがどうしても気になっていました。通話は家族割、Softbank 同士は無料があるし。キャリアメールについては、無くす勇気がなかったのです。

今となっては、 MVNO も MNP 可能ですし、通話プランのサービスにも力を入れています。キャリアメールも、実際は 「LINE」や SMS さえあれば十分で、もはやデメリットでもないと思っています。

それで思いついた方法が、2台持ちです。

通話をガラケー、データ通信をスマホ、というように役割を完全に分けてしまう訳です。それぞれ、キャリア契約、MVNO 契約で運用したとしても、十分に通信料を節約できることに気付いたのです。

キャリア契約のプランって結局はデータ通信代(パケット代)が高いんですよね。

では、実際何をすべきか、具体的な料金ってどんくらい?について、僕の体験をもとに説明します。

最初に断っておきますが、ある程度の初期投資はかかってしまいますが、長期的な目線で考えますと絶対にお得です!!

2台持ちのためにやったこと

現在のスマホの契約を解約

キャリア契約には2年契約の縛りがあります。契約が2年経過しているかどうかで話が大きく変わってきます。

キャリア契約が2年経過している場合

問題ありません。すぐに、解約しましょう。

キャリア契約が2年経過していない場合

残念ながら2年経過を待ったほうが良いでしょう。

途中で解約することも可能ですが、残りの端末代と違約金(各社約 10,000 円)を払わなければいけません
2年縛りの恩恵として、端末代は割安になっているので、残り契約期間が長いほど高い端末代を払う必要があります。

ここは初期投資でどれだけお金をかけられるか?になります。

僕は、2年待って解約しました。MVNO を知ってから解約期間を待つ間は非常にもやもやしてました(笑)

キャリアでケータイ(ガラケー)を新規契約

キャリアでケータイ(ガラケー)のプランを新規契約します。ガラケー持っていない場合は、合わせて購入する必要があります

僕は、 Softbank の 3G ケータイ向けプランを選択しました。ガラケーを持っていなかったので、ガラケーも購入しました。

サービス料金
基本使用量934 円
S!ベーシックパック月額使用料300 円
パケットし放題S372 円
端末代金1,320 円
月月割-732 円
合計2,330 円 + 通話料

2年以降は端末代金がなくなって、1700 円+通話料。

契約事務手数料として別途、3,000 円かかります。

注意点
● ガラケーでのデータ通信は絶対 NG です
● オプションとかもなるべく付けないこと

MVNO を選ぶ

数ある MVNO から自分にあったプランを選択しましょう。

有名どころであれば、「楽天モバイル」、「UQ mobile」、「UQ mobile」、「IIJmio」、「mineo(マイネオ)」でしょうか。

僕は、IIJmio を選択しました。
プランは、SMS 機能付き SIM 「ミニマムスタートプラン 3GB」です。
(SMS 機能付きとしてのはセルフスタンバイ問題を避けるためです。ここでは説明を省かせて頂きます。詳しい説明は「セルフスタンバイ」 で検索してください。)

月々の料金は 1,123 円(税込)になります。初回手数料として別途、3,000 円かかります。

注意点
● 今使っているスマホをそのまま使えるかどうか確認する
● 今使っているスマホが使えない場合は別途スマホを用意する必要がある

スマホを用意する

MVNO 運用のためのスマホをもっていない場合、別途用意する必要があります。

手っ取り早いのが安い SIM フリーの端末を購入することです。

【HUAWEI P9 lite】「コスパ良い!」MVNO運用に最適な1台です

2016.08.06

現在、3万前後の端末でも十分に満足できますよ。ハードスペックは、iPhone をはじめとするハイスペック端末に劣りますが、普通に使っていても差を感じないと思います。

中古もありです。1~2万程度で手に入れることができます。

当然ですが、iPhone SIM フリー版を新品で買うといった選択肢は無しです!!端末自体が高価ですので、MVNO 運用する意味があまりありませんし、もとをとるのに時間がかかります。

もうお分かりかと思いますが、端末にかけるお金を抑えれば抑えるほど、MVNO 運用の恩恵をうけます。早い段階で初期投資の分のもとがとれるのです!!

2016年7月現在、格安スマホ(3万以下)といわれる端末であっても、非常に使い勝手がよく評価の高い端末が国内外から発売されています。
「SIM フリー 端末 おすすめ」で検索すれば、レビュー記事もたくさんあります。
参考にすると良いでしょう。

結局、どんだけお節約できたのか

初期投資は?

 初期費用
Softbank新規契約事務手数料 3,240 円
IIJmio初期費用 3,240 円
格安スマホNexus 5 中古 30,000 円
合計36,480 円。

1~2年目

 月額
Softbank2,330 円 + 通話料
IIJmio1,100 円(税込)
合計3,500 円+ 通話料

通話はほとんどしない場合、キャリア契約(7,500 円)との差額は 4,000 円
2年間で 96,000 円。(24ヶ月×4,000 円)

1年間で初期投資の 36,480 円分はもとをとることになります!!

3年目以降

 月額
Softbank1,700 円 + 通話料
IIJmio1,100 円
合計2,800 円+ 通話料

通話はほとんどしない場合、キャリア契約(7,500 円)との差額は 4,700 円

2年間で 112,800 円。(24ヶ月×4,700 円)

どうですか?キャリア契約で2年スパンで機種変更し続ける場合と比べると、112,800 円 節約することになりますね。

これ、車検代まかなえますよ。

最後に

具体的な数字を見ると、ちょっとやってみよう!って思いませんか?初期投資、初期知識なんて何とかしよう!と思えるくらいの差ではないでしょうか?

何より長期的に考えることが大事です!!

最後までお付き合いい頂きありがとうございました。

ではでは。

スポンサーリンク