【WOFF】序盤のプレイ感想、評価!普通におもしろいじゃねーか、ワールドオブFF(Vita版)

【WOFF】タイトル画面

2016年10月27日にファイナルファンタジーの最新作「ワールドオブファイナルファンタジー(WOFF)」が発売されました。
これまでとは一味違ったファイナルファンタジーです。早速、製品版をプレイした感想を残しておきます。

体験版もプレイしていますので、そちらの感想も合わせてどうぞ。

【Vita】「ワールドオブファイナルファンタジー(WOFF)」体験版のプレイ感想

2016.10.17

まだ序盤ですが購入を検討されている方の参考になればと思います。環境は PS Vita の DL 版となります。

スポンサーリンク

ダウンロード容量

PS4 版は8.2GB、PS Vita 版は2.6GBとなっています。ちなみにPS Vita 版はイベントボイス用に、別途、日本語用は671MB、英語用は 659MB 必要です。こちらは任意です。イベントボイス欲しい人はダウンロードしましょう。

序盤のプレイ感想

最初の10時間程度をプレイした感想ですが、章でいうところの10章程度です。

正直な感想、予想していたよりおもしろい!体験版をプレイした感想は「普通、予想通り」と評価しましたが、製品版の完成度は予想を超えていましたよ。

まだまだ終わりも見えてきません。ボリュームも十分な予感がしています。

デフォルメされたキャラは好き嫌いが別れるところ

【WOFF】シーン1

【WOFF】シーン1

極端にデフォルメされたキャラクター。本作品の一番評価が別れる要素だと思います。こればかりは嫌いな人は嫌いだし、気にならない人は気にならないし、といったところ。

僕は気にならない派です。いや、正直最初は嫌いでしたよ。でもプレイしていると慣れてくるもんです。というよりも、システムや、やりこみ要素がおもしろくて、絵は気にならないといった感じでしょうか。

古き良き時代の RPG を感じる作り

「なんだか懐かしい」が最初の印象です。

街があって、ダンジョンがあって、仲間を育てて、レベルを上げてパーティを強くしていく、といった古き良き時代の RPG を感じることができます。最近のオープンワールド志向が強いゲームがどぅも合わない僕にとっては、はまりポイントです。

街、ダンジョンの作りこみもしっかりしています。今のところ、マップの使い回しといったところもなく、ギミックもあったりとプレイしていても飽きません。

往年のFF ファンを興奮させる

従来の FF のキャラクター も FF レジェンドキャラクターとして登場します。

フルボイスです。それぞれのキャラクターの BGM も用意されています。これが非常に良い!懐かしい!

【WOFF】ユウナ登場シーン

【WOFF】ユウナ登場シーン

ユウナの登場シーンでザナルカンドのテーマが流れたときは興奮しました。

やりこみ要素たっぷり、Vita との相性は抜群に良い

やりこみ要素はたっぷりです。

こういったジャンルのゲームって PS Vita との相性が抜群に良いと思います。いまのところ処理落ちもなさそうですし、そもそも画像の美しさを求めるゲームでもありませんしね。
ちょっとした時間に、ちょっとだけ育成する、サブストーリーをこなす等。まとまった時間を確保できない人向けに PS Vita をおすすめします。

ミラージュ(モンスター)集め

【WOFF】ミラージュ育成画面

【WOFF】ミラージュ育成画面

いわゆる仲間に出来るモンスターです。200種類以上存在するようです。進化もします。仲間にする条件も様々ですので、やりこめます。
ポケモンだと思ってください(笑)

ミラージュ(モンスター)育成

【WOFF】ミラージュ育成画面

【WOFF】ミラージュ育成画面

ミラージュ毎にアビリティや能力アップのシステムが用意されています。FF10 のスフィア盤のようなものです。それぞれのミラージュに用意されているため、やりこめます。

ノセノセ

【WOFF】ノセノセ設定画面

【WOFF】ノセノセ設定画面

全く新しいシステムですね。主人公2人ミラージュ3体づつ連れて行けます。「ノセノセ」することで強くなります。ミラージュにはサイズ(S,M,L,メガ)があって組み合わせもそれなりの数になります。
本作品の一番の注目ポイントで一番のやりこみ要素でしょうか。

充実したサブストーリー

FF レジェンドキャラクターはあくまでもサブキャラですが、それぞれのキャラクターのサブストーリーも充実しています。結構、難易度高いかも。

【FF15】「ファイナルファンタジーXV」の開発の歴史を振り返る(評価/感想)

2016.10.20

スピード感はない

バトルはお馴染みの ATB です。ウェイト、アクティブの設定もできます。

【WOFF】バトル画面

【WOFF】バトル画面

全体的にテンポは遅めです。これが本作品のテンポなんだと思っています。
気になる人のためにムービーのスキップ機能や、早送り機能も搭載されているので、特に批判するとことではありませんね。

ちなみに僕は常時早送りしてます(笑)

難易度は普通、親切な設計

難易度は普通。ただ殴ってれば良いわけでもなさそう。闘技場やサブストーリーの敵はなかなか歯応えあります。

街やダンジョンの行き来は簡単で親切です。やり込みにはかかせませんね。

チュートリアルも充実、メニューからいつでも確認できます。マル文字はおじさんには見難いです(笑)

こんなゲームを待っていた

新システム「ノセノセ」、従来の FF キャラクターも主張しすぎず、敵の強さもそこそこ、やりこみを想定したシステム、総じてバランスが良いと思いました。

最近の高解像度、オープンゲーに飽きてしまった人、昔の FF が好きなんだって方は買って損しないゲームだと思います。

ではでは

スポンサーリンク