【Vita】「ワールドオブファイナルファンタジー(WOFF)」体験版のプレイ感想

出典:PlayStation Store

ワールドオブファイナルファンタジー(以下、ワールド FF)の体験版が2016年10月17日(月)に配信されましたね。

製品版のレビューはこちら。

【WOFF】序盤のプレイ感想、評価!普通におもしろいじゃねーか、ワールドオブFF(Vita版)

2016.10.28

公式サイトはこちら

FF ファンとしてはプレイせずにはいられませんので、早速ダウンロードしてプレイしました。ちなみに PS VITA 版です。こういうタイプのゲームって、個人的には携帯機のほうが好きです。

スポンサーリンク

体験版をプレイした感想

ワールド FF の体験版のダウンロード容量は 590MB です(PS4 は 1.5GB)。体験版はゲーム内のダンジョンをプレイできる内容となっています。

少し厳しいこと書きますが、普通におもしろいですよ。最近のリアル志向のゲームとは離れて、こういったゲームを作るスクエニはまだまだ捨てたもんじゃないなと思いました。

FF だけど FF じゃない

あくまでも FF のスピンオフ的な作品と思ってプレイしたほうが良いです。特にめっちゃ面白いって訳でもなく、ぜんぜん面白くないって訳でもありません。ある意味で期待通りです。

たぶん、FF の従来キャラクター、モンスター、システムではなかったら興味ありませんね(笑)

好き嫌いが分かれるかも

さて、まっさきに気になるのは極端にデフォルメされたキャラクター、モンスター達でしょう。まあ、可愛いですけど・・。新しいユーザーを取り込みたかったのでしょうか?そういう意味では、新しい FF の挑戦ってところですね。

プレイし始めは超違和感あります。だって最近は FF15 の動画ばっかり見ていたもんで、なおさらです。可愛い FF には抵抗ありましたが、慣れたらそんなもんです。
不思議と愛着がわいてくるもんですね。

好き嫌いがはっきりと分かれるところですね。

育成、やりこみ要素は期待できる

ワールド FF のシステムの最大の魅力、「ノセノセ」と「バラバラ」。主人公2人とは別にそれぞれ仲間ミラージュ(モンスター)を最大2体まで戦闘に参加させることができます。
ノセノセしたり、バラバラしたり、組み合わせ次第ですごく強くなるらしい。
(詳細は公式サイト見てね)

ミラージュは200体以上ということで組み合わせはかなり多いです。ミラージュ集めや、ミラージュ自体の育成といったやりこみ要素には期待ができそうです。育成は FF10 のスフィア盤のようなシステムです。

また、ストーリー自体のボリュームが、100時間と公表されていますので、製品版は長く楽しめそうな予感はします。

従来の FF キャラ、システムありき

ミラージュの他に、歴代 FF 作品の人気キャラクター、召還獣(っぽいやつ)も登場します。
ネタバレは控えますが、体験版でもあの人気キャラクターが登場してます。知っているキャラが登場するとテンションあがるのは、思い出補正といったところでしょうか。

バトルはおなじみコマンドバトルです。アクティブ、ウェイトは設定で選ぶことができます。親切ですね。

若干テンポは悪いかも

あくまでも Vita 版の場合です。戦闘後にロード入ります、2、3秒程度。これは公式でもアップされていますね。ひと昔前の RPG って感じ。次世代って感じは皆無ですね。ちなみに PS4 版と、Vita 版のロード比較動画もアップされています。

Vita 版は全体的にテンポは若干悪いと感じました。気にならないと言えば気になりませんが。PS4 は分かりません。

PS4 版と Vita 版の機能差はこちらから。

製品情報

これはこれで楽しむことができるかも

体験版ではダンジョン攻略でしたが、本編がどのようなストーリー展開、ボリュームですすんでいくかは非常に興味があります。

フルプライスではないあたりがせめてもの救いです。良くも悪くも価格と見た目通りってところ。あとは極端にデフォルメされたキャラクターを許せるかどうかじゃないでしょうか。
このことを差し引いてでも、コマンドバトル好きな方や、FF のキャラに愛着があるって方は買って損はしないと思います。ま、僕はしばらく様子見ですけどね(笑)

発売日は、2016年10月27日(木)です。

ではでは

スポンサーリンク