【ハイレゾ】ウォークマン「NW-A35」&ポータブルスピーカー「SRS-HG1」でハイレゾ体験!

家で音楽を聴きたい、できれば外でも。子供にはTVよりも音楽を聴かせたい。

そんなこんなで SONY のウォークマン『NW-A35HN』とポータブルスピーカー『SRS-HG1』を購入しました。

今話題のハイレゾ対応機です。購入を決意した過程や、良かったところ、悪かったところを書きたいと思います。

スポンサーリンク

「ハイレゾ」が熱い

ウォークマンといえば CD ウォークマン、MD ウォークマンが全盛期で、最近だと iPod や iPhone があるし、今の時代には需要がないと思ってました。

けど、いま SONY のウォークマンが再び注目を浴びているらしい。

その理由のひとつに「ハイレゾ」があるようです。

「ハイレゾ」とは、従来のCDを超える情報量を持つ高音質音源のこと。まあ CD に比べてスゲー臨場感ある音を楽しめるというもの。
参考:ハイレゾとは?

純粋に良い音楽を聴きたい人というのはまだたくさんいるということ、デジタルミュージックの全盛期であることがあいまって注目されているのではないかと思います。

「ハイレゾ」を試聴してゾクゾクした

学生の頃は毎日当たり前のように音楽を聴いていました。MD ウォークマン、iPod も持っていたけど、大人になってからは音楽を聴く機会はめっちゃ減りました。
車の中の音楽もいつも同じで・・。

で、ふと、音楽を家で聞きたくなって、何かないかと電気屋に足を運んだんです。

そしたら SONY のウォークマンと関連商品で賑わっているではありませんか。そこでハイレゾを体験したんです。

サンプルでいくつかのハイレゾ音源を試聴したんだけど、それはもうゾクゾクした。早速物欲センサーが反応しましたよ。

「ハイレゾ」を聴くには専用の音源、プレーヤー、イヤホン(アンプ)が必要

ハイレゾ についていろいろ調べました。

そもそもハイレゾ音源を楽しむためには、環境を揃える必要があります。

  • ハイレゾ音源
  • ハイレゾ対応した再生機(XPERIA、ウォークマン)
  • ハイレゾ対応したイヤホン/ヘッドホン
  • ハイレゾ対応したアンプ

といったところです。
ハイレゾ音源を再生するアプリもあるようですが、あくまでも”ハイレゾっぽく”再生するだけで、本来のハイレゾ音質ではありません。
(ハードウェア自体がハイレゾ対応していることが必須 )

まあ、もちろん全部ないわけで・・。ハイレゾ対応機の値段はピンキリ。普通に10万オーバーのウォークマンとかあるし。

そん中、ハイレゾの入門機と言われる SONY ウォークマンの A シリーズ『NW-A35HN』を購入した。
ついでにハイレゾ対応ワイヤレスポータブルスピーカー『SRS-HG1』も購入しちゃった。

SONY のウォークマン『NW-A35HN』

1万円相当のイヤホン(もちろんハイレゾ対応)が付属したパッケージで内臓メモリは16G。他のモデルは32GB、64GBがあります。
ただ、 SD カードスロットがあるし、いまどき SD カードも安く手に入るので、正直、32GB、64GB のモデルは要らないと思う。

なので特にイヤホンにこだわりがない人は『NW-A35HN』一択ではないかと思う?自分にあったイヤホンを買うつもりであれば、『NW-A35』でしょうね。
(イヤホン付属なしは16GBのパッケージのみの販売)

ファーストインプレッション

ハイレゾ音源と通常の音源を比較すると、違いは歴然でした。音の広がりが全く違ってハイレゾ音源はまさにその場にいるような感覚を受けます。
まあでも音なんて人によって聞えかたが全然違うし、良い音の定義も人それぞれだから、使い勝手に焦点をあてます。

タッチパネルの感度問題なし

他のレビューだと「タッチパネルの操作感が悪い」という内容が見受けられましたが、そんなことはありませんでした。
ファームウェアのアップデートによって改善されたようです。
これから購入を考えている人は気にしなくても問題なしです。

Bluetooth 接続時の再生も特に問題なし

ハイレゾ対応ワイヤレスポータブルスピーカー『SRS-HG1』は Bluetooth で接続します。もちろん有線接続もできますよ。

Bluetooth でもハイレゾ相当の音質を楽しむことができるようになっています。

「LDAC」と呼ばれる技術によるものでワイヤレスでも高品質な音楽を楽しめる、というものです。

Bluetooth 接続だと音質が調整できない

A シリーズは細かい音質の調整ができます。
が、Bluetooth 接続だとこの調整が全く出来ません。ちょっと残念。

Bluetooth 接続だとFMラジオが聴けない

A シリーズは FM ラジオを聴けます。
が、Bluetooth 接続だとこの調整が全く出来ません。
イヤホンがアンテナの代わりになるからです。
ちょっと残念。

「Media Go」が使い易い

ウォークマンへの音楽転送は「Media Go」というアプリケーションを使います。iTunes みたいなものですね。
ただ、 iTunes よりかははるかに使い易い(笑)。
しかも iTunes で取り込んだ CD 音源も取り込めます。これは非常に嬉しかった。 iTunes とはおさらばです。

後に紹介する音楽ダウンロートサイト mora との相性も良く、いまのところ不満なしです。

「ハイレゾ」音源を配信しているサイトはどこ?

日本でハイレゾ音源がダウンロードできるサイトは限られています。

調べたところ、初心者は

の2択でいいのではないかと思う。

mora はソニーのレーベルゲートが運営する音楽配信サイトで、 Media Go から直接ダウンロードしウォークマンに転送できるため Good です。
欲しい曲のハイレゾ音源があるサイトを使い分けるという運用でいんじゃないかな。

(のちのちハイレゾ音源をダウンロードできるサイトの比較記事でも書こうかな・・)

「ハイレゾ」音源は高い

一般的な音源だと一曲200円程度ですが、ハイレゾ音源は500円もします!!

ちょっと躊躇する価格ですよね。
とりあえずはめっちゃ好きな曲だけにしておこう。。

まとめ買いがおすすめ

単品購入で500円であっても、アルバムのまとめ買いでお得に購入できます。

例)
10曲のハイレゾ音源のアルバムをまとめ買いで3000円。
この場合、1曲あたり300円になりますね。

まとめ買いでお得にハイレゾ音源を手に入れましょう。

特集を狙う

音楽配信サイトによっては、旬のアーティストやジャンルの特集を組んで、対象の曲のハイレゾ音源が安く購入できるサービスもあります。
そういった情報を逃さないようにアンテナをはっておきましょう。

スポンサーリンク