Redmineをアップデートする手順(Ubuntu 18.04 LTS Server)

どうも、TOMOZO(@TOMOZO)です。

Redmine 4.0 を Ubuntu 18.04 LTS Server にインストールする手順

2019.05.07

上の記事でたてたRedmineをアップデート/バージョンアップします。

スポンサーリンク

サーバー環境

環境はこんな感じです。

ソフトウェアパッケージ
OSUbuntu 18.04.1 LTS Server
RedmineRedmine 4.0 stable
データベース
MySQL 5.7.26
WebサーバーApache 2.4.18 (PassengerでRails実行)
Ruby2.5.1

Redmineのアップデート

最新情報を確認する

まずは、 http://redmine.jp/redmine_today/ からRedmineの最新情報を確認しておきます。

更新があればアップデートしていきます。このとき、最新バージョンが動作環境を満たしていることも確認しておくこと。

アップデート作業に入る前に必ずデータベース、およびアップロードしているファイルのバックアップをとっておきます。

準備が整えば実際にアップデートしていきます。基本的に、 http://guide.redmine.jp/RedmineUpgrade/ の公式の手順に従います。

アップデートする

ここでは、RedmineはSVNリポジトリからダウンロードしてる前提です。


# Redmineのインストールディレクトに移動(自分の環境に合わせて)
cd /var/www/redmine
# SVNチェックアウトのアップグレード
sudo -u www-data svn update
# 必要なgemを更新
sudo -u www-data bundle update
# データベースの更新
sudo -u www-data RAILS_ENV=production bundle exec rake db:migrate
sudo -u www-data RAILS_ENV=production bundle exec rake redmine:plugins:migrate
# キャッシュのクリア
sudo -u www-data RAILS_ENV=production bundle exec rake tmp:cache:clear
# apacheの再起動
sudo systemctl restart apache2

最後に、「管理」→「ロールと権限」画面を開き、Redmineのバージョンを確認して、一通り動作確認を行う。

簡単ですね。ではでは。

スポンサーリンク