【格安SIM】新サービス「高いけど高速」について考えてみた

ここ数年で格安 SIM を提供する MVNO 各社は生き残りをはかるために新しいプラン、サービスを続々と提供していますね。

その中で僕が気になったプランがあります。

それは「状況により通信速度が遅くなる」という格安 SIM の弱点を補うプランです

このプランについて、ちょっとばかし考えみます。

スポンサーリンク

格安 SIM プランの新流暢「高いけど高速」

2016年5月、MVNO「mineo(マイネオ)」が、新プラン「プレミアムコース」の試験導入することを発表しました。
 

多くのお客さまからご好評をいただいているmineoですが、やはりお昼休み時間など皆さんのご利用が集中する時間帯の速度が気になるお客さまもおられる ことから、通常とは別の専用帯域を設け、常に快適な通信環境を提供する優先通信オプション「プレミアムコース」をトライアルとして実施いたします。

引用元:mineo(マイネオ)「プレミアムコース」導入について

もちろん、料金プラン(オプション扱いになるのかな)は通常料金よりも高めの設定となるはず。具体的な価格は未定、とのことだが、おそらく 1,000 円程のオプションになるのではないでしょうか(予想です)。

つもり、ちょっと高めのプランを契約してもらえれば通信速度、通信品質を保障するよ、というものになります。

こういったプランの導入は、mineo(マイネオ)に限らず、U-mobile でも始まっています。U-mobile では「U-mobile PREMIUM」として、通常のプランよりも、通信速度、通信品質を優遇するというプランです。「U-mobile PREMIUM」の月額料金は、通常の月額料金よりも 1,080 円ずつ高い設定となっています。

格安 SIM の「状況により通信速度が遅くなる」はデメリットになる?

確かに、格安 SIM には、時間帯によって通信速度が変動します。今後、格安 SIM に注目が集まり、契約者が増えることで帯域も混雑してくるはずです。

ただ、「なぜ、格安 SIM で運用しているのか」、いまいちど考える必要があるかと思います。

通信速度を犠牲にしてでも、それ以上にキャリアに比べて月額料金をおさえることができるメリットのほうが大きいので、格安 SIM を選択するのではないでしょうか?

現状の通信速度は使えないほど遅いでしょうか?格安 SIM で運用する方のほとんどは、自宅では Wi-Fi に接続するでしょう。

「安く抑えること」が格安 SIM を選択する一番の目的であるはずです。

ですので、僕は格安 SIM の「状況により通信速度が遅くなる」はそこまで弱点になるとは思っていません。

「高いけど高速」はどんな人にメリットがある?

「高いけど高速」の恩恵を受ける人は、外出先で動画を頻繁に見る方ではないでしょうか。

ただ、格安 SIM ユーザーでそういった方は少ないかと思いますし、そういう方はそもそも格安 SIM 運用には向かないのではないかと思います。

まあ、このプランがそういった方達を取り込むためのものだとすれば、納得はできますけど。

「高いけど高速」は既存ユーザーにとってそれほど魅力のあるものではない

個人的にはしばらく様子見です。「現状の通信速度に不満はない」、「格安 SIM であるならなるべく安いプランにするべき」だからですね。

それよりも、プランが増えすぎるあまり料金体系が複雑にならないか心配しています。分かりやすいプランで安いのが魅力の格安 SIM の路線から大きく外れては欲しくないですね。

以上、最後までお付き合いいただきありがとうございました。あくまでも個人的な意見ということを、ご理解願います。

ではでは

スポンサーリンク