「共感できる!」子持ちサラリーマンがブログで稼ぐための心得は「自分のペースを作ること」

どぅもでーす。

子持ちサラリーマンが副収入源としてブログによる収入を考える人は多いようです。

僕もその一人です。もともとは単にブログを趣味にしたかっただけだったのですが、ブログ収入というものがある、ということを知ってからは、ブログでお小遣い稼ぎできたらなーなんて思ってたんです。

ただ現実はそう甘いものではありません。とくに子持ちサラリーマンは、”時間”というリソースが限られています。ネット上にあるような「ブログで稼ぐ方法」を実践するには、”時間”という点では圧倒的に不利なんです。

それでも、せっかく始めた、もしくは始めようと思っているブログを辞めてしまうのはもったいないです。ブログは奥が深いし、楽しいですから。

そこで、当記事では子持ちサラリーマンでブログでお小遣い稼ぎをしようと考えている人、または行き詰まっている人を対象に、注意すべきこと、心得ておくべきことをまとめました。

スポンサーリンク

まずは現実を知ること

世の中にはブログを生業にして生活されている方もいます。「ブログ 稼ぐ」で検索すると、実際にブログで実績を上げているだろうブロガーのノウハウや、実際のPV数、稼いだ金額を載せた記事がたくさんヒットしますよね。羨ましい限り。

そのような記事を見ると、文章もうまいから見てる側のモチベーションもあがってきて「簡単に稼げそう!」って思いますよね。

しかし、まずは現実を知りましょう。こちらの記事が非常に参考になります。ブロガーの番付を表しています。

PV数でわかるブロガー番付|あなたのブログはどのレベル?

僕はこの記事を見て目が冷めました。

「マジな話」初心者ブロガーが陥る罠。PV数を気にする前にすべき事を教えます。

2016.10.11

お小遣い程度の月3万を稼ぐブロガーが「トップアマ」と番付されます。もちろん収入の振れ幅はあると思いますが、上級者の入り口でやっとこれだけ稼ぐことができるのです。

これが現実です。この現実を知らずして挫折していくブロガーさんが大半を占めるようです。この現実を知っている、知らないかでモチベーションは全然違ってきます。

プロのノウハウばかりを追い求めないこと

僕の記事を更新するペースは3日に1記事です。本気でブログで稼ごうとしているわりには遅いペースだと思います。

ブログで稼ぐためによく言われるのが、「1日1記事を目安に更新」や「まずは100記事書け」です。
(最近だと記事数よりもコンテンツの質を重視しろと言われてきています)

たぶんコレはだいたい合ってます。当ブログも記事数が増えてくると検索流入によるアクセス数も上がってきています。1日1記事を更新していけば、もっと早いペースでアクセス数が上がっていくんだろうなーと思いながらも気にしないことにしています。

なにしろ、子持ちサラリーマンは”時間”というリソースが限られています。

定時で帰って、子供と一緒な時間は子供と遊ぶ。子供を寝かせつけて21時。お風呂入ったり、家事したりで22時。就寝時間を0時とすれば、ブログと向き合う時間は2時間程度です。

2時間で書き上げればベストですが、Google が評価する「コンテンツの質」を考えますと、2時間で記事を書き上げるのは結構厳しいです。内容が薄い記事しかできません。

僕の場合はネタ選定、調査で1日、下書きで1日、仕上げで1日です。これが自分にとってのちょうどいいペースです。

たぶん子持ちサラリーマンが無理なくブログを続けることができるペースじゃないかなと思っています。

その他、ネット上には「ブログ初めて数ヶ月で成果出ました!」って記事もたくさんあります。
ここでもちょっと冷静になりましょう。ブログにかける”時間”が違います。比較してはダメです。比較するのであれば、同じ境遇のブロガーさんの記事を参考にしましょう。

1回の更新で完璧を求めないこと

万人受けするネタで、文字数も多くて、中身も充実して、文章も完璧、構成も完璧、・・・なんて記事を一発で書き上げることできたらいいですよね。

えーっと、そんなの無理です。才能ある人は可能なんだろうけど。。。

時間をかけなかった記事はたいていアクセス数伸びませんし、自分で見返しても恥ずかしいレベルです。Google はサイト全体のコンテンツの質も評価しますから、劣悪な記事があると、その記事をリライトしたり、最悪記事を削除するはめになります。

じゃあやっぱり一発で完璧な記事にしたほうがいいじゃん。でもそう思うと苦しくなりませんか?楽しいはずのブログと向きあう時間が苦痛になりませんか?

そこで僕は「初めの更新は完璧じゃなくてもいいや、”それなり”の記事でいいや」って思うことにしました。そうすると気が楽になるんですね。自然とブログを書くことが楽しくなるんです。

だからと言って中身のない誤字だらけの記事を書けば良いってことではありませんよ。もちろん段階的には完璧な記事へとリライトしていきます。僕の場合、初めは完成度80%くらいの記事を目指しています。

リライトしながら100%の記事に仕上げていくつもりで初めの記事を作ると、記事数を増やすことに対して全然抵抗なく気が楽になります。

ちょっとしたことでもメモに残すクセを付けること

些細なことでもメモに残す週間を身に付けましょう。なにしろ”時間”が限られていますから。チリツモです。

例えばこんなことです。

  • おしゃれなタイトル思いついた
  • 面白いサイト見つけた
  • 記事にできるネタ思いついた
  • 良い文章思いついた

スマホ、タブレットを持っているならメモアプリ「Evernote」がおすすめできます。僕も使っています。

「Evernote」はネットワーク上にメモや文章を残しておけます。無料版だと2台の端末で共有できます。例えば、外出先ではスマホの「Evernote」アプリでメモや文章を残して、家では PC 版「Evernote」アプリでメモや文章をもとに記事を書く、といった使い方ができます。

“時間”というリソースが限られているからこそ自分のペースを守る

「自分のペースを守る」。子持ちサラリーマンがブログで稼ぐために一番大事なことなんじゃないかなと思っています。

稼ぎたいあまりに”記事を増やさないといけない”という強迫観念にかられて、半ば義務感で記事を書いている。結構いるんじゃないでしょうか?たぶんそういう人達が数ヶ月でブログを辞めていくんでしょう。

何度も言いますが、僕の記事を更新するペースは3日に1記事です。ネタ選定、調査で1日、下書きで1日、仕上げで1日です。
本気でブログで稼ごうとしているわりには遅いペースだと思います。それは十分にわかっています。それよりも、自分のペースを守ろうと決めたんです。ブログを楽しみながらも、そこそこ記事も増えていく、自分にとってのちょうどいいペースなんです。

こんな感じで共感してくれる人がいるはず!ではでは。

スポンサーリンク