「キャリアには戻れない」MVNO(格安SIM)に移行してからの4年、メリットしかなかった

どうも、TOMOZO(@TOMOZO)です。

スマホの契約をキャリアからMVNO(格安SIM)に切り替えて4年ほど経過しました。

キャリア契約を続けている場合と比べて年換算でおおよそ15万円ほど節約できてます。

乗り換えて果たしてデメリットってあったかなぁと思い振り返ってみました。

MVNOが「当たり前」の時代になった

2018年MVNOのシェア率は 全体の10% と言われています。

数字だけ見れば低いようには思いますが、DOCOMO、au、softbankの3大キャリアの中では十分検討している数字だと思います。

それも4年前には想像できない数字です。
それこそ4年前に「MVNOに変えた」って言ったら「何それ?大丈夫なの?」みたいに物珍しい目で見られていた気がします。

キャリア契約からMVNO契約へ

月々の通信料を更に安くする!2台持ちをやめて「みおふぉん」契約へ。

2017.01.08

「2年で10万を節約!」通信料節約はガラケー、格安スマホの2台持ちがおすすめ

2016.08.08

「スマホの通信料を節約したい!」MVNOって知ってる?知らなきゃ損してるかも!?

2016.07.24

夫婦で年換算でおおよそ20万円の節約!!

キャリア契約を続けている場合、例えばSoftbankでiPhoneだとすると、標準的な設定で おおよそ1万円 とであることが分かります。。たかっ!
夫婦共に契約すると2万円ですね。

Softbank料金シミュレーター


それが、今の僕の場合は、

  • MVNO:IIJmio(ミニマムスタートプラン3GB+みおふぉん)
    → 月額1,600円
  • スマホ:SHARP SH-M07(端末代3万円)
    → 月額換算1,250円

で、月3千円前後。(電話は滅多にしない)

妻の場合は、

  • MVNO:IIJmio(ミニマムスタートプラン3GB)
    → 月額900円
  • スマホ:Arrows M03(端末代2万円)
    → 月額換算900円
  • ガラケー:au端末
    → 月額換算1,000円

で、月3千円前後。(電話は家族同士がメインでかけ放題)

夫婦でおおよそ7千円ってとこ。
1万円をきるんですよ。

つまり、キャリア契約を続けていた場合と比べて、 1年間でおおよそ15万円の節約 ということになる。
この差は非常に大きくないですか!?

4年間だと夫婦で60万の節約!!

幅広い価格帯のスマホが増えた!

注意してほしいのが、節約言っても、激重でまともにブラウジングできないようなスマホで我慢しているわけではないです。

いまでは3万円前後でも普通に使う分には申し分ないスマホがたくさんあるんですよ。
しかもMVNO各社で扱っているから選ぶのもそんなに苦労しない。ひと昔前だとSIMフリー端末を自分で調べては何とか入手したもんです。

もちろん、iPhoneとかPixelのようなハイスペックなスマホにはかなわないですが。
必要なかったんですよ。僕には。

2年に縛られない

キャリア契約するとだいたい2年契約ですよね(途中解約できるが、その場合高い解約料が必要)。
というか端末代セットでの料金設定ってのが気に食わない。

MVNOに2年縛りなんてありません。
好きな時に好きなスマホに買い替えることができるので気が楽です。
(頻繁に変えすぎるのもMVNOの恩恵を受け難くはなりますが・・)

結論、メリットしかないし、キャリアには一生戻らない

スマホの契約をキャリアからMVNO(格安SIM)に切り替えたことを振り返ってみて、結論としてはメリットしかなかったです(笑)

僕はおそらく、というか絶対にキャリアには戻りません。

ではでは、みなさんも快適なMVNOライフを!

スポンサーリンク