自分でタイヤ交換するなら油圧式フロアジャッキで効率アップ&注意したいこと

どぅもです。油圧式フロアジャッキでタイヤ交換の効率アップのすすめ。
タイヤ交換の手順はいろいろなサイトで詳しく紹介されているので、この記事では省略します。

さて、日本のだいたいの地域であれば、冬(ノーマルタイヤ→スタッドレスタイヤ)、春(スタッドレスタイヤ →ノーマルタイヤ) のタイヤ交換は必須でしょう。

タイヤ交換を店でやってもらう場合、だいたいの料金は軽自動車で1本1000円、普通自動車で1本1500円くらいに設定されているところが多いです(ホイールサイズにもよる)。

1本だけ交換してもらうってことはないでしょうから、1台で4,000円~6,000円の負担となります。1家に2台所有しているとなると、春夏合わせて20,000円程、タイヤ交換に飛んでいくことになってしまいます。

我が家は軽自動車、普通自動車(ミニバン)の2台持ちです。軽自動車は毎年自分で交換しているのですが、ミニバンはお店でタイヤ交換してもらっていました。

で、タイヤ交換でとんでくお金が非常にもったいなく、ミニバンも自分でタイヤ交換したいという思いはつねにあったのですが、その思いを踏みとどまらさせていたのが、ジャッキ一度だけ車載のパンタグラフジャッキでジャッキアップしたことがあるのですが、重いし、怖い。だって2トンありますから(笑)。

こいつですね。

しかし、油圧式フロア(ガレージ)ジャッキというものに出会って、ミニバンのタイヤ交換も臆せず楽にできるようになったのです。おかげでタイヤ交換の料金を節約することができます。

スポンサーリンク

車載の(手回し式)ジャッキは疲れる

パンタグラフジャッキというもの。普通の車であればスペアタイヤと一緒に、L型ボックスレンチと、パンタグラフジャッキが収納されているはずです。

くるくる回しながらジャッキアップしていくやつですね。軽自動車であればそれなりにすんなりとあがっていくのですが、2トンもあるミニバンだと重い重い。更には同時に2トンの恐怖がのしかかってきますから(もちろん車輪止めやキーパーなど必要十分な安全対策は施していますよ)。

くるくる回すのって疲れるし重いし効率が悪いです。で見つけたのが BAL の油圧式ガレージジャッキ。

油圧式フロアジャッキで効率アップ

こんなやつ。

「パスカルの原理」に基づいており、油圧を発生させるポンプと車体を持ち上げるシリンダで構成されています。少ない力でも、その何十倍重い車体を簡単に持ち上げることができるというもの。

使ってみた感想、注意したいこと

使ってみての感想と、こんなこと気を付けないとなーと思ったこと。

力はほとんど必要ない

ハンドルを上げ下げするだけでほとんど力もいらずに車体を持ちあげることができます。本体自体は重いですが、キャスター付きなので持ち運びも楽です。女性の方でもできるかと。

ジャッキダウンも楽

ジャッキダウンも簡単で、リリースバルブを回すだけです。

ただし、リリースバルブを回すスピードが大事です。一気に回すと油圧が一気に抜けて車体がドンって落ちます。危険ですので、リリースバルブはこれでもかというくらいゆっくりと回すのが安全です。

パンタグラフ用のジャッキポイントを使用する場合は専用のアダプターを付けること

ジャッキポイントのプレスラインでジャッキアップする場合は必ず変換アダプターを付けます。付けないでジャッキアップするとプレスラインに必要以上のストレスがかかって、最悪折れ曲がりまる可能性があります。

この記事の写真は全て変換アダプターを付けた状態のものです。

予算に余裕があれば車両重量は大きめのものを購入しておく

今後どの車にも対応できるよう3トンあれば間違いないかと。値段も7,000円と、すぐにもととれます。

車輪止め、キーパーでより安全に

この記事の趣旨とはずれるのですが、ついでに。フロアジャッキを完全に信用してはいけません。車輪止め、とキーパー(ないなら使わないタイヤ)を挟んで万が一の事態にそなえましょう。

これでタイヤ交換も楽ちん。ではでは。

スポンサーリンク