NTPでサーバーの時刻合わせ【Ubuntu 18.04】

どうも、TOMOZO(@TOMOZO)です。

NTP は「Network Time Protocol」の略で、ネットワーク上でクライアントがサーバーに対して時刻を問い合わせるためのプロトコルです。
NTP によって時刻が正確に保たれるので、保守面からもサーバーにインストールしておいて損はないでしょう。

Ubuntuであればインストールから設定まで簡単に導入出来ます。

$ sudo apt -y install ntp
$ sudo vi /etc/ntp.conf

/etc/ntp.conf に自身のタイムゾーンのNTPサーバーを追記します。デフォルトはコメントアウトします。

#pool 0.ubuntu.pool.ntp.org iburst
#pool 1.ubuntu.pool.ntp.org iburst
#pool 2.ubuntu.pool.ntp.org iburst
#pool 3.ubuntu.pool.ntp.org iburst

# Use Ubuntu's ntp server as a fallback.
#pool ntp.ubuntu.com

server ntp.nict.jp iburst
server ntp1.jst.mfeed.ad.jp iburst
server ntp2.jst.mfeed.ad.jp iburst
server ntp3.jst.mfeed.ad.jp iburst

NTPサーバーは、

としました。
正確な時間を得るためには「サーバー間の物理的な距離」も大事です。日本国内の有名どころを選んでみました。

NTPを再起動して動作確認します。

$ sudo systemctl restart ntp
$ ntpq -p
     remote           refid      st t when poll reach   delay   offset  jitter
==============================================================================
*ntp-b2.nict.go. .NICT.           1 u   21   64    3   23.464    2.820  21.957
+ntp1.jst.mfeed. 133.243.236.17   2 u   22   64    3   24.403    1.069   3.885
+ntp2.jst.mfeed. 133.243.236.17   2 u   17   64    3   26.187    2.418   3.868
+ntp3.jst.mfeed. 133.243.236.17   2 u   21   64    3   24.008    3.610   4.740

左端の「*」は現在同期を行っているサーバー、「+」は次に同期行う候補のサーバーを表しています。
時刻同期が安定してくると、「poll」で表示される間隔が長くなっていきます。最大1024秒で時刻問い合わせを行うようになりますので、勝手にシステムへの負荷が少なくなるようになっていきます。

スポンサーリンク