【WordPress】Markdownプラグイン導入でライティングが爆速になった

僕のブログの記事の書き方は基本的にはテキストエディタやEvernoteで一度下書きをしてから、Wordpressの新規投稿にコピペしてプレビュー見て体裁を整えて投稿する感じです。

で、WordpressはHTML記法が基本なんですが、記事のライティング速度を考えると、このHTMLで書くってのが非常にめんどくさいんです。

何がめんどくさいって、<h2>見出し</h2><strong>強調<strong>というようにタグを閉じるやつ。Wordpressの記事作成のページにはこんな風にワンクリックでタグを閉じる機能があるけれど常にネットワーク環境下にいるわけではない。
こんなことでブログのモチベーションをさがるなんていやだ!

ってことで、見つけました!HTMLタグを書かなくても文章を構成することができる方法、それが今回ご紹介するMarkdown記法です。
Markdown記法によってHTMLタグを書かずに爆速で記事を仕上げることができます!

スポンサーリンク

Markdownとは

Markdown(マークダウン)は、文書を記述するための軽量マークアップ言語のひとつである。本来はプレーンテキスト形式で手軽に書いた文書からHTMLを生成するために開発されたものである。しかし、現在ではHTMLのほかパワーポイント形式やLATEX形式のファイルへ変換するソフトウェア(コンバータ)も開発されている。各コンバータの開発者によって多様な拡張が施されるため、各種の方言が存在する。

Markdown – Wikipedia

要は、テキストエディタなどで文書構成する際にHTMLタグを書かなくても、もっと簡単で直感的にHTMLを作ろうぜというもの。例えば、HTMLタグを使うと

h2. 見出し

<ul>
  <li>リスト1</li>
  <li>リスト2</li>
</ul>

<strong>強調表示</strong>

と書く必要があったのを、Markdown記法では

## 見出し

* リスト1
* リスト2

**強調表示** です。 

という書き方になります!

ん?一緒じゃんって思われるかもしれませんが、違うんです!!
記法としてとてもシンプルなんで使っていけばすぐに覚えますし、そんな簡単に忘れることもありません。

WordPressにMarkdown記法を導入する

もともとWordpressではMarkdown記法はサポートされていませんが、JP Markdownというプラグインを使うことで対応できます。

追記)
「Gutenberg」でもMarkdownコピペでブロック変換できることが分かったため、当サイトもWordPressバージョン5.X系にバージョンアップしました。それに応じて、「JP Markdown」は無効化しています。

【Gutenberg】Markdownテキストをコピペするだけブロック変換してくれるみたい(WordPress)

2019.02.17

JP Markdown

インストールするだけで難しい設定もありません。
しかも、普通のHTMLタグと合わせて使うことが出来ます。文字装飾などはHTMLで記述しても問題ありません。

インストール方法

WordPressの管理画面からプラグイン画面を表示し、新規追加でプラグインの検索で「JP Markdown」を検索します。
「JP Markdown」で「今すぐインストール」を押して「有効化」するだけでもう使える状況になっています。

使用方法

記事を書く際に、Markdownの記法で書くだけです。いつも使っているようなHTMLタグも併用できます。
Markdownの記法については、最初のうちはリファレンスを参考にして覚えていきましょう。

Markdownクイックリファレンス

基本的に英語のページしかないです。「JP Markdown」のサンプル集を記事にしました!参考にして下さい。

【WordPress】Markdown(マークダウン)記法サンプル集

2017.09.15

できないこと

やっぱりラインを引くといった細かな文字装飾はHTMLタグを使う必要があります。
Markdown自体が手軽に文書からHTMLを作成することを目的としているため、複雑な装飾には対応していません。

導入した感想

感覚的に2割くらい早くなったかなと思います。それも書けば書くほど実感できています。
あと、文字の装飾をあまりしなくなったせいか、記事の色合いが落ち着いた雰囲気になりました?笑(良いのか悪いのか分からないが…)

また、テキストエディタでMarkdownのプレビュー機能があるエディタもあるので、おいおい紹介できたらと思ってます。

スポンサーリンク