【WordPress 5.0】「ちょっと待て」バージョンアップはちょっと様子見ようと思う

WordPressが大型メジャーバージョンアップし 「WordPress 5.0 Bebo」 がリリースされました!

今回のバージョンアップによりデフォルトのエディタが「Gutenberg(グーテンベルク)」と呼ばれるブロック方式のエディタが採用されることになり、ブロガーにとってはかなりインパクトのあるバージョンアップとなってます。

早速新しい機能を使いたいところですが、今回のバージョンアップは特に慎重になるべきですでしょう。

ちょっと冷静になって確認していきましょう。

スポンサーリンク

WordPress 5.0 Beboの新エディタ「Gutenberg」

バージョン4.Xからバージョン5.0へのいわゆるメジャーバージョンアップの今回の目玉機能はなんといっても新エディタ「Gutenberg」でしょう。

このバージョンアップはあくまでもファーストステージであって、全部で3ステージのアップデートが用意されているようです。

Gutenberg

Gutenberg では3つのステージが計画されています。WordPress 5.0 への同梱を予定している最初のステージの目標は投稿の編集体験とブロックの実装で、このフェーズではコンテンツ第一主義を唱えています。ブロックを使用することで、既に述べたようにユーザーはコンテンツがどのように表示されるかに集中でき、その他の構成オプションを気にする必要はありません。結果的に、すべてのユーザーがコンテンツを魅力的に、直接、ビジュアルに伝えられるようになるでしょう。

「Gutenberg」はだいぶ前からアナウンスされ、お試し用のプラグインもリリースされていたために既に使い込んでいるブロガーも多いのでなないでしょうか。

はっきり言って、これまでのエディタとは全く別物ですね。

新エディタの使い勝手については別の機会にするとして、そもそも今のサイトのWordPress環境でバージョンアップしていいのか確認していきます。

メジャーバージョンアップの前に。。。

まず 僕の今の結論としては、バージョンアップは保留です 。あと数回のマイナーバージョンアップまで様子を見たいと思ってます。
以下にその理由を述べてきます。

有償テーマ「ハミングバード」への影響

真っ先に気にするのがテーマへの影響です。WordPressのバージョンアップにおいてはテーマへの影響は少なからずあります。

特にサードパーティのテーマを使用している場合はバージョンアップによって、最悪サイトが正常に表示されない可能性も考慮すべきです。

マイナーバージョンアップ程度ではあまり気にしませんが、メインバージョンアップであれば使用しているテーマへの影響を真っ先に確認すべきです。

僕の場合、テーマは有償の「ハミングバード」を使用してます。

Simplicityからハミングバードに移行してから行ったカスタマイズまとめ【WordPress】

2016.10.08
では、公式の見解、動作確認結果を確認します。

WordPress5.0へのバージョンアップについて

弊社テーマではWordPressのバージョン5.0にて、「テスト環境」および「デモサイト」で問題がないかどうかの検証を行っておりますが、今のところ問題はみつかっておりません。
が、5.0へのアップデートに関しては慎重に行うのが鉄則です。

まあだいたい予想通りのアナウンスだなってのが正直な感想です。公式が言うのだから余計ためらいますよね。

テストは行っているけど、5.0がリリースされて間もないため、全てにおいて問題なしとは言えないんでしょうね。僕も一応技術者だからすごく分かります。

プラグインへの影響

これも今回のバージョンアップに限った話ではないですが、WordPressのバージョンアップに際してはインストール(特に有効化)しているプラグインの対応状況も気にすべきです。

必ず導入しているプラグイン全てに関してWordPress5.0の動作保証したことを確認したうえでアップデートすべき(当たり前か)。

今回は特にエディタ関連のプラグインに関して慎重になるべきです。
そもそも新エディタに必要なプラグインか?も含めて見直しが必要になってくるかもしれませんね。

僕の場合はMarkdownのプラグインをインストールしていて、新エディタになったところでどう影響するか全く想像できない状況です。

【Wordpress】Markdownプラグイン導入でライティングが爆速になった

2017.09.15

まあ、WordPress 5.0にアップデートしたとしても、旧世代のエディタを使える環境(プラグインは必須)はあるようで、何とかなるかなとは思ってますが。

WordPress 5.0自体の安定性

OSやその他のサービス、アプリケーションにも言えますが、たいていメジャーバージョンアップしたての動作は怪しいと思っていい(そんなことは許されないけどね)。

新規でブログを作るぶんにはいいですが、既に稼働しているブログの場合、ちょっとした不具合で動作しなくなったりすると、かなり致命的ですから。

少なくとも、1つや2つマイナーバージョンアップを待ってもいいかと思ってます。
(たぶんしばらくはバージョンアップの頻度は高いはず)

WordPress 5.0へのバージョンアップはしばらく様子をみる

以上より、あくまでも僕の場合はですが、テーマやプラグイン、強いては新エディタ「Gutenberg」の使い勝手を確認してからにしようと思ってます。

どうしても「WordPress 5.0」を試したい場合はローカル環境でテストする

どうしても「WordPress 5.0」を試したい場合はローカル環境でテストするのがいいでしょう。

  • Local by Flywheel
  • WordPressプラグイン「All-in-One WP Migration」

を使うことで簡単にローカル環境にWordPress環境を複製できます。
コチラに関しては、僕のほうでWordPress 5.0を試して記事にしたいと思ってます。

ではでは。

スポンサーリンク